Dr.STONE考察

Dr.STONEキャラ考察|クロム|熱血理系少年!千空に次ぐ科学使い!

クロム

(集英社/Dr.STONE/稲垣理一郎先生・Boichi先生 引用)

Dr.STONEの登場キャラ「クロム」について考察します!

石化の時代に生まれた石神村の少年クロム。理系少年で、当初はごく単純な科学を「妖術」として使える程度でしたが、千空と出会ったことでメキメキと知識をアップデート。

現在は千空の頼れる相棒的存在になっていますよね!作中にどんどん成長している特殊なキャラで、いずれ千空を超える時も来るのかも?

クロムの基本情報

石神村に住む16歳の少年。体力はイマイチだが頭が良く、理数系の鉱物オタクとして、様々種類の石を収集していた。

口癖は「ヤベー!」「クッソ!」。

「妖術」と称して様々な、科学現象で人を驚かせていたところ、千空に出会い、自分の研究していたものが「科学」であると知る。

千空に次ぐ科学使い!鉱物知識はNo. 1!

直情的な性格だが知能ランクでは千空に次ぐ位置におり、獅子王司と同等とされる。

鉱物に関する知識や理解は千空を上回る。

千空と行動を共にしてメキメキと科学の知識をアップデート。わたあめ機をアイデアに水車型の水力発電機を開発するなど、頼れる存在になっている。

大樹のポジションを食うクロム

連載当初は千空の科学に対して驚いたり初歩的な質問をする役として大樹がいたが、クロムの登場以降は完全にクロムがそのポジションに収まっている。

石化時代を生きていたため科学の知識はからっきしでしたが、もともと鉱物オタクで理系の素質があったクロムは、自分なりに科学を応用したり、司帝国に囚われた時は、暗号で牢獄の素材を伝えるなど、有能さで大樹を大きく超える。

当初ダブル主人公の一人だった大樹は、クロムの登場でだいぶ影が薄くなってしまったように思う。

ルリに恋心も

同じ石神村のルリに好意を抱いており、ルリもまんざらではないようだが、クロムは今以上の関係に発展することを諦めているようだ。

ペルセウス号にルリは乗っていないので、クロムの恋愛はしばらくお預けです。

千空を超える日が来る?

科学への情熱は凄まじく、日々知識を高めているクロム。

登場当初は、千空の科学に驚くだけのキャラでしたが、もともとの頭の良さもあって、メキメキと科学知識をレベルアップしています。主人公の千空がすでに完成された天才タイプなのに対し、クロムは少年漫画らしい「成長キャラ」と言えます。

鉱物の知識に関しては期待されていたものの、自力で水力発電機を作ったあたりから、千空をも驚かす進歩をしており、今後は千空を超える時も来るのかもしれません。とにかく成長が楽しみなキャラなので、見守っていきたいですよね!