Dr.STONE最新ネタバレ

Dr.STONE145話確定考察!船上バー開店!カクテル作り!

船上バー開店!カクテル作り!

ドクターストーン145話では、
フランソワがペルセウス号内で
「バーフランソワ」を開店。
最短コースへ挑む科学王国のおメンバーの英気を養う。
(週刊少年ジャンプ2020年18号掲載)

カクテルを科学で解説していくお話ですね。
オシャレな飲み物もまた、科学文明の賜物ってワケですね。

ドクターストーン145話 あらすじ

ポーカーに勝利した千空。
勝負の会場はカジノとして船員にも解放される。

龍水は、航路を70日から40日に縮める条件として
船の環境を良くするように千空に依頼する。

食料増で10日短縮、カジノで10日短縮。
最後の10日分として、フランソワが「バーフランソワ」を
ペルセウス上でオープンする。

科学の力とフランソワの技術で
ガムシロップやカルピス。
色の変わるカクテル。スパイシーなコーラなどが生まれ(すべてノンアル)、
科学王国のメンバーたちは、楽しい夜を過ごす。

羽京は、カジノやバーが少し出来過ぎで、
全てゲンの差し金で、難航路を納得させるためじゃないかと勘ぐるが、
ゲンはポーカーの勝負だけはガチだったと話し、
勝てなかったことを悔しがる。




ドクターストーン145話 この世のものは全て自然素材

今回は、ストーリーの本筋からはちょっと外れて、
飲み物を科学する回でした。

登場した飲み物は全てレシピ付きで、
実際にやってみても美味しいようですよ。

個人的にはフランソワがゲンに振る舞った
スパイシーコーラが気になりました。

コーラにチャイシロップ少々、
レモン一切れ、トウガラシひとつまみで
スパイシーなコーラが作れるようです。

カクテルといえばオシャレで科学とは無縁なイメージですが、
やはり科学の積み重ねによって生まれているものなんですね。

現代組はともかく、
コハクやクロムなどの石神村組は
ガムシロップの甘さとか衝撃的でしょうね。

現代人は、その加工された砂糖で
とんでもない健康被害を被ってるワケですが(肥満・糖尿病)、
それはまた別の話しか。

ドクターストーン146話 いよいよ難ルートに突入か!?

カクテルで一致団結したところで、145話は終了。

龍水の出した条件、30日短縮分の船内環境の向上は
クリアされました。

続く、146話ではついに、
40日ルートの困難さに直面するのではないでしょうか。

最短ルートは常に緯度と、
進行方向を意識していないと、
あらぬ方向に向かってしまうはず。

お手製のGPSでどこまで正確に
船を進めることができるのかに注目です。

地殻変動や気候変動で、
地球の形は我々の知っているもの(千空・龍水の知識)とは
異なっている可能性もあります。

今後の展開に注目です!