Dr.STONE最新ネタバレ

ドクターストーン132話ネタバレと133話|秘密兵器は管槍!貫流槍術でモズを撃つ!

ドクターストーン132話ネタバレと133話|秘密兵器は管槍!貫流槍術でモズを撃つ!

ドクターストーン132話はでは、
千空たちが竹を使い、氷月の槍にハマる「管」を制作。
氷月の本来の貫流槍術でモズを倒します!
(週刊少年ジャンプ2020年2号掲載)

やっぱり氷月のが強かった!
変幻自在の管槍にモズ敗北です!

そしてイバラは海に飛び込み
声で石化装置を起動させます。

それでは展開を考察していきましょう!

ドクターストーン132話 あらすじ

モズに押された氷月はあえて水に落ち島へ逃げる。

先に宝島へと逃げた千空たちは、
竹林に向かい、氷月の本来の武器「管槍」を完成させようとする。

槍にぴったりハマる大きさの竹を探し出し、
煙突のススを使った潤滑油で、管内部をツルツルに仕上げ、
氷月に渡すと、氷月本来の戦闘スタイル
「尾張貫流槍術」を披露。

変幻自在の動きで、モズを打ち倒す。

一方、石化装置を奪ったヨーは
装置を起動させようとするがうまく行かない。

装置さえ手中にあれば、
石化させられることは無いと安心するが、
イバラは海に飛び込み、石化装置に声で合図を送ると
石化装置は起動し、光を発する。

 



ドクターストーン132話 秘密兵器は管槍!氷月の本気!

千空の秘密兵器は氷月の本来の武器「管槍」でした!
忘れてましたその設定w

管を支点にした、変幻自在のドリルみたいな槍術が
氷月本来の戦い方でしたね。

モズは、氷月の戦い方を
「努力型の汗臭い強さ」と表現。
自分は「生まれ持っての最強」と格の違いを見せつけました。

しかし、管槍を手にした氷月は
「技術や道具の長年の研鑽は、1人の才能を超える」として、
モズを凌駕します。

ドクターストーンぽい勝ち方ですね!

ドクターストーン考察|氷月(ひょうが)まとめ!司クラスの強者!モズと対決!ドクタストーンの登場人物、 「氷月(ひょうが)」についてのまとめです。 一言で言うと、強いけど思想がヤバイ奴。 人の命をなんと...

実物の動画もありました。

ドクターストーン132話 声で石化装置を起動するイバラ

ヨーに石化装置を奪われたモズですが、
水中のヨーに向かってジャンプすると、
着水の間際に石化装置に向かって、何かを囁くと
石化装置が不気味に光り出します。

以前も「1メーター、1ミニッツ」という言葉で
石化装置を起動しているので、
石化装置は音声で起動するものなのかもしれません。

となると、音声認識で使用者を区別できたりもできそうです。
厄介ですね。

イバラは、ヨーの間近で石化光線を発動させたわけですが、
ごく小規模で光らせ、自分は起動までのわずかな合間に
海中に逃げるつもりかもしれませんね。

ドクターストーン考察|石化武器メデューサは超未来科学?本来の持ち主がいる?(集英社/Dr.STONE/稲垣理一郎先生・Boichi先生 引用) ドクタストーン121話で、 ついにその正体を見せた石化武器...

ドクターストーン133話予想 イバラの逆襲が始まる!?

続く133話では、
石化光線でヨーは石化。
イバラは自分の石化が絶対回避するでしょうから、
再び、イバラの手に石化装置が渡ることになります。

慎重なイバラですが、
すでに片手を銃で打たれていますし、
モズも敗北、キリサメもいないので、
かなり追い詰められていると言えます。

追い詰められた獣ほど危険と言いますし、
なりふり構わず石化光線で千空たちを
攻撃してくるかもしれませんね。

今のところ光線を回避する方法は無いので、
捨て身の戦いが必要になりそうです。

宝島編もクライマックス。
今後の展開に目が離せませんね!

Dr.STONE考察|宰相イバラは宝島の先住民? 白夜の復活液で蘇った?(集英社/Dr.STONE/稲垣理一郎先生・Boichi先生 引用) 石化光線を使う頭首の一味によって、 支配されている宝島。 ...