Dr.STONE最新ネタバレ

ドクターストーン117話ネタバレ!酸素ボンベでスキューバー!?カセキを回収!

ドクターストーン117話「反撃の科学王国」では
酸素ボンベを開発し、復活した龍水がカセキを探しに海をダイビング。
なんとかカセキたち科学王国の仲間の石像を見つけます。
(週刊少年ジャンプ2019年38号掲載)

それでは、展開を考察していきましょう!

⇒【次の118話はこちら

ドクターストーン117話あらすじ

復活した龍水は、直ちに状況を理解。

石化光線に対抗するため、
ドローン制作に必要な、神腕職人カセキの回収に動き出す。

しかしペルセウス号では、
生き残りに気づいたイバラによって
厳重に警戒が敷かれていて近づくことができない。
しかも、カセキたちはバラバラにされ海の底。

そこで、千空は移動式ラボのパーツを駆使し、
即席の酸素ボンベを作り、海底で直接
カセキを探すことにする。

海に強い龍水とソユーズが
ボンベを背負い、海をダイビング。

海中での捜索は、通常困難を極めるが、
ソユーズが異常な記憶力を見せ、
カセキたちが捨てられた状況を再現。

龍水が、それを元に海流を読み、
海底にカセキら科学王国全員の石像を発見する。




酸素ボンベでカセキ発見!

ドクターストーン117話で登場した科学は
「酸素ボンベ」でした。

酸素ボンベは、空気の圧力に耐えられる入れ物さえあれば、
あとは人力で空気を詰めれば、割と簡単に?できる模様。
千空たちは、即席ボンベに50気圧を入れていました。

自転車のタイヤに空気をパンパンに入れても、
10気圧程度なので、実際に人力でボンベを作ろうとしたら、
尋常じゃない労力が必要そうですね。
あと危険そう。

全員の活躍あって、
無事、神腕職人カセキの発見に成功。
ここから科学王国の反撃開始ですね!

ソユーズの記憶力も一つの伏線?

カセキたちを探すのに役立ったのが、
ソユーズの異常な記憶力。

ソユーズは、カセキたちが捨てられた時の
方向や、投げられたスピードを、高い精度で記憶しており、
龍水の探索に大いに役立ちました。

ソユーズは、赤子の頃に見ただけの宝島の景色も覚えており、
異常な記憶力を持っていそうですね。

記憶力といえば「サヴァン症候群」という
生活能力の低さと引き換えに、
コンピューター以上の記憶力をもつ人々がいます。

ソユーズも、このタイプの人間なのか、
それとも他に隠された秘密があるのか、
今後大事な伏線の一つになりそうです。

⇒【サヴァン症候群

ドクターストーン118話 カセキ復活で反撃開始だ!

カセキが発見されたので、
続く118話ではカセキの復活&科学王国の復活となりそうですね!

面倒な工程は、カセキがほぼほぼ解決してくれるので、
手作りドローンの完成も近そうです!w

同時に復活液も量産させ、
宝島の人間も石化から復活させ、
頭首にクーデターを仕掛けるのアリですね。

とはいえ一撃でほぼ全滅まで
追いやられた宝島の石化光線も油断は禁物。

無事、石化光線の謎に近づけるのか!?

今後の展開に注目です!⇒【次の118話はこちら

⇒【ドクターストーンに登場した科学まとめ
⇒【硫化水素の女神リューさん
⇒【コハクはフンドシ!
⇒【人類石化は攻撃じゃない?