Dr.STONE考察

Dr.STONE考察|コハクはパンツじゃなくフンドシ!でも水着姿なら披露!

ドクターストーンのお色気担当といえば、コハクです。
いや、一応漫画の設定ではガサツキャラ的なポジションですが、
アクションシーンが多い上、妙にセクシーじゃないですか。
美女設定の姉・ルリとあんま見た目も変わらないし…。

そんなコハク、
アクロバティックなポーズの多さと服装から
履いてない説が囁かれ、ファンをザワつかせましたが、
結局フンドシなことが明らかになりました。

残念です。

まことしやかに流れたウワサ

コハクは、故郷の石神村ではもっとも強い戦士でもあり、
獅子王司も、現代の高校生ではありえないほどの実力があると評しています。
(結局司の足元にも及びませんでしたが…)

視力のよさ、動きの機敏さ、そして強さで
科学王国では危険な最前線を進むことも多いですよね。

普段の服装はミニスカートっぽい長さのワンピース。

戦闘シーンも多く、
その度に結構際どいポーズで攻撃をかわしたりしているので、
ネットでは「もしや履いてない?」と青少年をザワつかせる説も流れたとか…。

コハクはフンドシ

でも残念。
ドクターストーン20話で
川にある砂鉄を集める際にふんどし姿を披露。

青少年たちをドキドキさせた
「コハク履いてない説」は完全に否定されました。

まあ、当たり前といえば当たり前ですが。

今では老若男女みんな下着を履いているわけですが、
原始時代同然の石神村では全員フンドシなんですかね。

近代化するまでは女性もふんどし着用していた

古来日本では男性も女性も
下着はフンドシでした。

フンドシの歴史は深く、
古くは日本書紀にもその存在が記述されています。

日本が欧米化してショーツが広がるまでは
当たり前ように着用されており、
前垂れがあるのが男性用。
前垂れがないものが女性用と区別されていたようです。

布さえあれば、サイズは自分で調整できる上、
洗濯も簡単なので、非常に合理的な下着だったわけです。

ちなみに最近では
「締め付けない」という理由から、
女性用フンドシが発売されているみたいですね。

イラストで水着姿は披露!

フンドシでガッカリしたコハクファンには朗報です。

普段はフンドシなコハクですが、
ドクターストーンZ=57では、表紙ページで
姉ルリとともに水着姿も披露しています。

本編では出てこないイメージ的なカットですが、
ビキニにニーソというマニア受けしそうな一枚。

単行本だと第7巻に収録されているので、
ぜひチェックしみてください!

⇒【ドクターストーンに登場した科学まとめ
⇒【硫化水素の女神リューさん
⇒【人類石化は攻撃じゃない?
⇒【ゲンが裏切った本当の理由は?
⇒【コハクはノーメイクでも可愛い
⇒【獅子王司は仲間として復活するか
⇒【クロムが千空を超える日が来る?